矢向の歯医者なら斉藤歯科医院へ
HOME>インプラント

インプラント

インプラント(人工歯根)
特徴

歯を失った場合、咀嚼機能を回復するには、以前は取りはずし可能な入れ歯か固定式ブリッジの二者択一でした。
前者は、装着感・審美性・咬む力に問題があり、発音障害も多く見られます。後者は、欠損部両側の歯を健全であっても削る必要があります。
しかし、人工歯根の場合は、残存歯を全く傷つけることなく、殆ど元通りの歯を再生し、咬み心地や審美性を回復する事が可能になります。

安全性

顎の骨の中に人工歯根という異物を埋入するので、その安全性は気になるところです。
実は、この問題は現在ほぼ解決されています。
その素材としては、純チタンやハイドロシキアパタイト(歯や骨のような生体硬組織と似た人工物)を使用したインプラント素材が歯科に限らず、整形外科(人工関節)や、脳神経外科(頭蓋骨)で広く使用されています。
各科それぞれに特性があり、荷重のかかり方や感染源との関わり方が違うだけです。
抜歯されて欠損したスペースの回復には、第一選択として『人工歯根』という時代になってきました。


     

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。