矢向の歯医者なら斉藤歯科医院へ
HOME>虫歯・歯周病

虫歯・歯周病

虫歯と歯周病の概念
虫歯や歯周病は感染症

口腔領域疾患の多くは、病原微生物による感染症です。
無菌状態下であれば、虫歯や歯周病とは無縁ということになります。 われわれ人間は、驚くほど多くの細菌と共存しています。

過酷な口腔内環境

通常、皮膚1cm2には約1000個の細菌がいますが、歯の磨き残しである歯垢(プラーク)1g中には、なんと1000億個の細菌が生息しています。
それら全てが病原性を発揮する訳ではありませんが、口の中は、過酷な環境の下にあるということを、認識しておく必要があります。

細菌のコントロールが必要

歯科医院の診療室では、虫歯の穴を削って詰め物を充填したり、歯が欠損している場合は入れ歯を装着します。
しかし、よく考えると、これらの処置は治療の最終段階の機能回復、つまりリハビリなのです。
ですから、歯科治療では当然のことながら、リハビリに至る前の段階が、最も重要なのです。
つまり、『病原細菌の活動をいかにコントロールするか』という事になります。

細菌感染により引き起こされる炎症症状

不幸にして急性の症状を起こした場合、例えば歯肉が腫れたり、虫歯が深く進行し、激痛に見舞われた時の病態は、病原細菌が体内に侵入した事に対する、『生体側の防御反応の結果』という表現で説明できます。
細菌感染により引き起こされた炎症症状なのです。
風邪を引いて喉が痛い時は、扁桃腺に細菌感染を起こした結果であり、肺炎・虫垂炎・膀胱炎・副鼻腔炎・眼瞼結膜炎等も、部位と細菌の種類が違うだけで、やはり細菌感染です。
医学的には虫歯や歯周病は、これらの疾患と同じ感染症なのです。
この事を十分に理解しておく必要があります。

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。